秦野丹沢ライオンズクラブ

ライオンズクラブ国際協会 330-B地区6R-2Z 「秦野丹沢ライオンズクラブ」

TEL.0463-81-1355 FAX.0463-82-0273 

〒257-8588 秦野市平沢2550-1 秦野商工会議所内

クラブのご案内

2018~2019年 会長方針

「おもいやり」

秦野丹沢ライオンズクラブ会長 石井 時明

 1980年4月5日結成式、11月23日チャ-タ-ナイトを開催し、地区内140番目日本で2418番目に誕生しました「秦野丹沢ライオンズクラブ」本結成38年を迎えました。24歳の時にチャ-タ-メンバ-として入会させて頂きました。前年に秦野青年会議所に先に入会しておりましたので17年間二足のわらじを履きメンバ-の一員に加えて頂きました。青年会議所を卒業するまではクラブの為に褒められるほどの活動は出来なかったと、今更ながら反省しています。しかし、そんな私をメンバ-として扱って頂けたのは感謝、感謝です。その後は、ライオンズクラブの活動を主にしてまいりました。クラブも50名を超える時期もありました。しかし、メンバ-が多くなると当然、派閥?や意見・考え・価値観の相違による仲違いが多く見られるようになってきました。クラブ創立20周年記念式典を境に一人の横暴な会長の出現によりクラブの崩壊を迎ええることになってしまいました。最終的に10名までメンバ-が減ってしまいました。しかし、残ったメンバ-はクラブを消滅させる訳にはいかない。と強い信念のもと、少しずつメンンバ-を増やしつつ現在に至っております。奉仕団体とは何たるやという基本を大事に育んできたのが現在のクラブです。私はクラブとメンバ-が大好きです。人として、社会人として大切な責任感や使命感、思いやりに心を持ったメンバ-と共に活動できることを嬉しく思います。基本的に継続事業は見直しながら継続したり、2年後の創立40周年を念頭に置きながら休止を含めて更なる充実を図りたく思います。そして、少数クラブであるが故の良いところはそのままに、一人でも多くのメンバ-拡大に一丸になって取り組みましょう。2003年2015年そして2018年と3度目の会長ですが心新たに真摯にに取り組み覚悟です。メンバ-各位の更なるご支援・ご協力をお願い申しあげます。

秦野ライオンズクラブ 組織表

会長 石井時明

幹事 池上紀子

会計 米山 繁

2017~2018年 会長方針

「 和 」 ~笑顔で結ぶ心の絆 継続 ~

秦野丹沢ライオンズクラブ会長  安藤 幸一

 歴史と伝統のある秦野丹沢ライオンズクラブの会長を仰せつかりました安藤です。また、この度理事及び委員長、副委員長をお引き受けていただいた当クラブのメンバーの方々に大変深く感謝をしております。そして、クラブを築き、発展させてこられた歴代会長をはじめとする諸先輩方や日頃から私達のクラブの活動にご理解、ご協力をいただいております関係各位の皆様方に心より御礼申し上げます。 さて、ライオンズの活動を行う中で、様々な経験を重ねて、クラブメンバーと交流を諮ることでたくさんの気づきを得ることができました。ライオンズクラブは、地域社会に根付いた団体であり、その発展に一翼を担う団体であると考えます。我々秦野丹沢ライオンズクラブは、決して人数の多いクラブではりませんが、年代的にもバランスのとれた強みをもつ、人材豊富なクラブです。社会福祉委員会を中心に奉仕活動の喜びや楽しみを共有することでクラブメンバー同士の信頼関係を築いていきたいと考えています。特に月2回開催をする例会を大切にしていきます。特に例会に出席するのが楽しく感じて頂ける例会作りを目指します。鎌倉時代 ~ 戦国時代 ~ 明治時代・・・・現代へと時代が変わりゆく中でも我々日本人の「和」を重んじる精神は、変化することなく育まれてきました。もともと「和」という言葉には、争いごとがなく穏やかにまとまる。性質の違うものが一緒にとけあう。という意味があります。日本人の美徳として重んじられている「和」とは、なんとなく周りの雰囲気に合わせるのでなく相手の個性を尊重するから、相手の意見にも耳を傾ける。そして進むべき道を決めていくものと考えます。そこで、本年度のスローガンを「和」 ~笑顔で結ぶ心の絆 継続 ~としました。私達の奉仕の和が水面に投げた石の波紋のように地域社会へと広がっていき、笑顔で楽しいクラブ活動ができたらいいなと考えております。 結びとなりますが、笑顔は社会生活を円滑にして人間関係を円満にするものです。是非とも例会での笑顔がひとつでもふたつでも増える様にしていきたいです。私は、まだまだ軽軽ン不足で大変微力ですが秦野丹沢ライオンズクラブの発展のため一生懸命がんばります。皆様のご支援、ご鞭撻の承りますようよろしく御願いします。

17~18年度秦野丹沢ライオンズクラブ組織表

役 職 名 前
会 長 安藤幸一
前会長 安藤幸一
第一副会長 石井時明
幹 事 半藤哉子
会 計 大野祐司

2016~2017年 会長方針

「 和 」 ~笑顔で結ぶ心の絆

秦野丹沢ライオンズクラブ会長  安藤 幸一

 歴史と伝統のある秦野丹沢ライオンズクラブの第37代会長を仰せつかりました安藤です。会長職を務めるにあた、その責任の重さに身の引き締まる想いです。また、この度理事及び委員長、副委員長をお引き受けていただいた当クラブのメンバーの方々に大変深く感謝をしております。そして、クラブを築き、発展させてこられた歴代会長をはじめとする諸先輩方や日頃から私達のクラブの活動にご理解、ご協力をいただいております関係各位の皆様方に心より御礼申し上げます。 さて、ライオンズの活動を行う中で、様々な経験を重ねて、クラブメンバーと交流を諮ることでたくさんの気づきを得ることができました。ライオンズクラブは、地域社会に根付いた団体であり、その発展に一翼を担う団体であると考えます。我々秦野丹沢ライオンズクラブは、決して人数の多いクラブではりませんが、年代的にもバランスのとれた強みをもつ、人材豊富なクラブです。社会福祉委員会を中心に奉仕活動の喜びや楽しみを共有することクラブメンバー同士の信頼関係を築いていきたいと考えています。特に月2回開催をする例会を大切にしていきます。特に例会に出席するのが楽しく感じて頂ける例会作りを目指します。鎌倉時代 ~ 戦国時代 ~ 明治時代・・・・現代へと時代が変わりゆく中でも我々日本人の「和」を重んじる精神は、変化することなく育まれてきました。もともと「和」という言葉には、争いごとがなく穏やかにまとまる。性質の違うものが一緒にとけあう。という意味があります。日本人の美徳として重んじられている「和」とは、なんとなく周りの雰囲気に合わせるのでなく相手の個性を尊重するから、相手の意見にも耳を傾ける。そして進むべき道を決めていくものと考えます。そこで、本年度のスローガンを「和」 ~笑顔で結ぶ心の絆 ~としました。私達の奉仕の和が水面に投げた石の波紋のように地域社会へと広がっていき、笑顔で楽しいクラブ活動ができたらいいなと考えております。 結びとなりますが、笑顔は社会生活を円滑にして人間関係を円満にするものです。是非とも例会での笑顔がひとつでもふたつでも増える様にしていきたいです。私は、まだまだ軽軽ン不足で大変微力ですが秦野丹沢ライオンズクラブの発展のため一生懸命がんばります。皆様のご支援、ご鞭撻の承りますようよろしく御願いします。    

6~17年度秦野丹沢ライオンズクラブ組織表

 
役 職 名 前
会 長 安藤幸一
前会長 佐藤彰洋
第一副会長 石井時明
幹 事 髙橋克実
会 計 半藤哉子
 

15~16年会長方針

                  四耐四不(したいしふ) ー発展のために一歩ずつ努力ー

秦野丹沢ライオンズクラブ会長 佐藤彰洋

秦野丹沢ライオンズクラブに入会させていただいて以来、会長という大役はおそらくないのではと思っていましたが、入会して10年目に36代会長を努めさせていただくこととなりました。年齢は48歳、今年、年男です、精一杯その責務を果たしていきたいと存じます。 ライオンズクラブメンバーは、経営、企業、経済人が中心の集まりです。会社企業の基盤安定をさせてこそ、ライオンズ活動に力を発揮できると思います。そのような中でも、クラブのメンバーは、年齢を重ねて社会的に仕事を達成したメンバーや、現在も社会の中心的な役割を担っているメンバーが占めていると思います。社会的に認められた会社は、必ず継続して存続しています。自分たちの会社が、自分たちが、どれだけ社会に貢献しているのかを実感できる。ライオンズクラブは、このことを実践実感する本当に良い組織であると思っております。 さて、今年度の会長方針は【四耐四不(したいしふ)-発展のために一歩ずつ努力-】昨年、日経新聞の「私の履歴書」トヨタ自動車を今日のグローバル企業に育て上げた豊田章一郎氏の最終章の格言を素晴らしいと思い、今般取り入れさせていただきました。 冷に耐え、苦に耐え、煩(ぼん)に耐え、閑に耐え、激せず、躁(さわ)がず、競わず、随(したが)わず、以て事を成すべし。事を成すために耐えるべき4つのことと、してはいけない4つの事を述べた、中国・清(しん)時代の政治家・曾國藩(そうこくはん)の有名な言葉です。【冷】は孤独、常に孤独に勝ち、【苦と煩】苦しみと煩わしさの連続、【閑】職にじっと耐え、【激せず】腹を立てず【躁(さわ)がず】調子に乗らず【競わず】喧嘩はしない【随(ずい)】己の強さを信じ他人の意見に左右されずに、事を成しなさいという教えです。 このような会長方針ですが、なおかつ、先輩が積み上げられてきた伝統を守り、新しいことを少しでも付け加えていければなと考えています。 また、今年度もクラブの運営については、【会員増強】アクティビティの内容を地域社会の立派な人たちの関心を引いて、クラブに入会していただける活動をしていきたいと思います。現在の会員数は19名ですが、できれば年度末にはメンバー数が20名以上となるように努力したいと存じます。最後に【楽しい例会】の運営です。楽しい例会から奉仕への活力も生まれるのではないでしょうか。 先にあげた会長方針・運営方針の実現にはメンバー皆様のご支援、ご協力が不可欠です。 これからの一年間、これらのことが全うできますよう、メンバー皆様のお力添えを心からお願い申し上げます。  

15~16年度秦野丹沢ライオンズクラブ組織表

組織・役員
役 職 名 前
会 長 佐藤彰洋
前会長 石井時明
第一副会長 安藤幸一
第二副会長 髙梨克巳
幹 事 安藤幸一
会 計 芦川秀樹

14-15年度会長方針

「恕」(おもいやり) 心で繋ぐ奉仕の和

 1980年4月5日結成式、11月23日チャーターナイトを迎え、地区内140番目、日本で2418番目に誕生した我がクラブ、本年結成35周年を迎えます。 この間非常に様々な出来事がありました。高度成長期からバブル経済絶頂期を経てバブル崩壊、経済低迷期とともに我がクラブもいくつもの激動の時期を乗り越えてきました。それを知るメンバーも半数ですが、だからこそメンバーの融和や相手を思いやる心、クラブに対する愛着は人一倍強く感じてしまいます。幸いにも現在のメンバーは本当に素晴らしいメンバーばかりだと常々感じております。人数は少ないけれどクラブのまとまりは地区1番、いや日本一だと自負しています。 24歳の時にチャーターメンバーとして入会させて頂きました。当時秦野青年会議所に先に入会しておりましたので17年間二足のわらじで会員の一人に加えて頂きました。JC卒業まではライオンズクラブの活動は褒められる程の活動はしてなかったと今更ながら反省しています。JC卒業後はライオンズクラブの活動を主流にして参りました。 クラブも最大50名を超えるほどになった時期もありました。しかし、人数が多くなると当然派閥や意見の相違による仲違い等が多く見られるようになってきました。創立20周年記念式典を境に一人の横暴な会長の出現によりクラブの崩壊を迎える事になっていしまいました。最終的に10名までメンバーが減ってしまうことになったのです。 しかし、残ったメンバーはクラブを消滅させるわけにはならないと強い信念のもと、少しずつですがメンバーを増やしつつ現在に至ってます。 奉仕団体は何たるやという基本を大切に大切に育んできたのが今の秦野丹沢ライオンズクラブなのです。私はこのクラブが大好きです。仲間のメンバーはもっと大切です。人として大切な責任感や使命感、思いやりの心を大切に世のため、人のために役立つ活動を通しアピールしたく思います。 現在のクラブの年間行事はとても17名の人数で行う事業ではないと常々感じておりますが、それをやり通すことが出来るのも、当クラブの素晴らしい誇れるものだと思います。基本的に継続事業はそのまま展開し、更なる充実を図ってゆきたいとも思います。そして、何よりも会員拡大が急務です。我がクラブの小人数であるが故の良い所はそのままに、やはり数は大事です。一人でも多くのメンバー獲得にメンバー一丸となって取り組みたく思います。 2003年以来2度目の会長ですが心新たに真摯に取り組んでゆく覚悟です。メンバー各位の更なるご支援・ご協力を節にお願い申しあげます。

秦野丹沢ライオンズクラブ会長 石井 時明


クラブの現況 (2014年7月1日現在)

名  称   秦野丹沢ライオンズクラブ 所 在 地  秦野市平沢2550-1 秦野商工会議所内 地  域   秦野市全域 会 員 数  16名 クラブ番号  38388

沿  革

地区結成順  №140  日本結成順 №2418 結成式  1980年(昭和55年)4月5日 於 西中体育館及び西公民館

チャーターナイト  1980年(昭和55年)11月23日 於 秦野市文化会館 会長  岩田正三郎 5周年記念式典  1984年(昭和59年)10月10日 於 秦野市文化会館 会長  宮崎守瑠 実行委員長  岩田正三郎 10周年記念式典  1990年(平成2年)5月8日 於 秦野市文化会館 会長  松藤陽一 実行委員長  三浦貞雄 15周年記念式典  1995年(平成7年)5月7日 於 グランドホテル神奈中秦野 会長  岡田秀一 実行委員長  小林克己 20周年記念式典  2000年(平成12年)6月11日 於 秦野市文化会館 会長  久保寺俊雄 実行委員長  浅田忠男 25周年記念式典  2005年(平成17年)5月15日 於 秦野商工会議所 会長  岡部 逸 実行委員長  飯田 勇 30周年記念式典  2010年(平成22年)6月5日 於 秦野商工会議所 会長  髙田昭雅 実行委員長  岡部 逸

組織・役員

役 職 名 前
会 長 石井 時明
前会長 半藤 哉子
第一副会長 佐藤 彰洋
第二副会長 三浦 潤也
幹 事 髙橋 克実
会 計 髙梨 克巳